IMG_0060TheWave

   2歩先の未来を創る

TheWave イメージ画像
ビジネスマンのための「めちゃくちゃ分かりやすいAI講座」。6週間でエンジニアと議論できるまでを目指します。http://thewave.teamblog.jp/archives/1062406964.html

更新情報

 

 なかのかな。上から読んでも「なかのかな」、下から読んでも「なかのかな」。 世界的ヒットとなった脳波連動コミュニケーションツール「necomimi(ネコミミ)」を開発した電通の女性クリエイターの名前だ。なかのさんは、どのようにして「necomimi」のような斬新な製品の
『「IoTに八百万の神を」内向的な電通女性クリエイターがデバイスに込める日本の心』の画像
 

人工知能やロボットが普及していけば仕事がどんどんなくなっていくと言われている。20年後には今日の職業の半分はなくなるのだとかいう話もある。そのころの働き方ってどんなものになるのだろう。 未来の働き方をテーマにした雑誌記事を読んだことがある。都会と田舎の2拠
『AIで仕事がなくなってもだいじょうぶ。菱木豊氏に見る仕事がなくなる時代の働き方』の画像
 

 20世紀は金融が経済の「血液」の時代だった。21世紀はデータが経済の「血液」の時代になるといわれている。 金融において、個人の預金を守ることは大事だが、銀行が集めた預金を有効活用することのほうが社会にとってはより重要だ。同様に個人のデータを守ることは大事
 

21世紀はデータが経済の「血液」になると言われている。センサーデータなどで爆発的に増え、社会の現状が可視化される時代。人工知能がデータを解析し、人間に代わって細かなビジネスの判断を下す時代。人工知能がデータを解析することで、科学や医療の進歩に貢献する時代。
 

福島健一郎(Code for Kanazawa)氏 Photo by Toshiya Kondo @civictech forum(CC-BY)  「貢献した人をHEROにすべき。頑張った人が報われるのは当然のことだと思います。」 Code for Kanazawaの代表理事である福島さんは、当たり前のように話していました。 前編「強い
『日本のシビックテックの先を走るコミュニティのこだわり/Code for Kanazawa(後編)【鈴木まなみ】』の画像
 

福島健一郎(Code for Kanazawa)氏 Photo by Tomoki Yanagawa @civictech forum(CC-BY) 「自分で動けば自分の想いで地域を変えていける。」 日本のシビックテックを代表する存在となった、Code for Kanazawa。今の成功に(成功と定義して良いかはわかりませんが)辿り
『強い想いが仲間と流れをよびよせた/Code for Kanazawa(前編)【鈴木まなみ】』の画像
 

人工知能の研究分野の1つに「ヒューマンコンピュテーション」と呼ばれる比較的新しい研究領域がある。すべての計算を機械でするのではなく、計算の一部に人間の能力を利用するという研究分野だ。(関連記事) この研究領域で、興味深い結果が出始めている。優秀な人間より
 

カーネギーメロン大学のトム・ミッチェル教授を取材する機会を得た。同教授によると、2020年代には、機械学習の進化を受けて人材と仕事のマッチング精度が向上し、人工知能がキャリアアドバイザーのような個別提案をするようになるという。多くの人は複数のパートタイムの仕
『人工知能の権威トム・ミッチェル教授が予測する雇用と教育の未来』の画像
 

藤井靖史(CODE for AIZU)氏 Photo by Toshiya Kondo @civictech forum(CC-BY) 「コミュニティって作るものではなく、エネルギーの流れから浮かび上がってくるものだと思うんです。」 こう語るのはCODE for AIZUの藤井さんです。「おもしろい人、すごい人は地方にこそ
『流れが先で構造が後だとコミュニティは継続される/CODE for AIZU(後編)【鈴木まなみ】』の画像
 

データ量が爆発的に増え、人工知能がそのデータを処理する時代。それがデータ経済社会と呼ばれる新しいビジネスのパラダイムだ。そのデータ経済社会に向けて、企業の戦い方にも当然変化が生じ始めている。「人工知能のインフラまもなく完成」という記事に書いた通り、いち早
『データ大爆発時代に天才エンジニアを引き寄せる方法』の画像
 

最近人工知能(AI)の講演をしたり意見交換をすることが増えているんだが、少なくない数の人たちから「AIって確かに大きな変化のように思うけど、でも自分には関係なさそうだなあ」という意見をよく聞く。「大手企業や、天才エンジニアにとっては飛躍の時代かもしれないけど
 

満員御礼。募集を締め切りました。 人工知能がいつどのように社会を大きく変化させるのか。その影響の大きさに関しては意見が分かれるものの、人工知能研究に人と金が集まっていることだけは紛れもない事実。人と金が集まれば、当然イノベーションは加速する。 自動走行車
 

  立ち上がって説明する藤井靖史(CODE for AIZU)氏 Photo by Toshiya Kondo @civictech forum(CC-BY) 「口だけでなく手を動かしてきましたがダメでした。今は足を動かしています。活動から2年がたった今、たどり着いた先は自分たちが地元の活動へ顔をだすということで
『ITとローカルコミュニティとは融合する!?/CODE for AIZU(前編)【鈴木まなみ】』の画像
 

好むと好まざるとに関わらず、20年以内にほとんどの仕事がなくなる。Googleの創業者、ラリー・ペイジ氏の言葉だ。人工知能(AI)とロボットが、ありとあらゆる業界の勢力図を劇的に塗り替える。そう言われている。 とはいえ、変化の波は必ずしも同時並行的に訪れるわけでは
『AIが勢力図を塗り替える業界とは PFNが絞った3つの領域』の画像
 

▶知らず知らずに古書解読プロジェクトに参加してた!? ウエブサイトで商品を買ったり、メンバー登録する際に、枠内に表示された英語の単語や数字を読んで、その通りにキーボードなどで入力し直さなければならないことがある。表示されるのは歪んだ文字で、分かりづらいも
『AIとソーシャルの合わせ技「ヒューマンコンピュテーション」で開発するサービス』の画像

↑このページのトップヘ