IMG_0060TheWave

   2歩先の未来を創る

TheWave イメージ画像
ビジネスマンのための「めちゃくちゃ分かりやすいAI講座」。6週間でエンジニアと議論できるまでを目指します。http://thewave.teamblog.jp/archives/1062406964.html

更新情報

 

 AppleのタブレットPCが近く発売されるとの見方が強まる中、電子書籍や電子新聞によって出版業界や新聞業界が再生を果たすのではないか、という期待が高まっているようだが、断言しよう。そんなことは絶対にありえない。  確かに電子書籍リーダーを購入した人は本をより多
 

 L.E.K. Consultingのアンケート調査によると、電子書籍リーダーを購入した人の48%は以前より多く本を読むようになったと答えており、以前より読まなくなったと答えた7%を大きく上回ったという。ネタ元はGigaOm。  電子書籍リーダーを購入した人は、全体の10%という
 

TechCrunchの欧米企業のマーケティングはソーシャルメディアに大きく傾斜という記事を読んで。本当にそうなってきているなという感じがする。  独立してからありがたいことに社内講演、顧問、アドバイザー契約のお話を幾つかいただいているのだが、ソーシャルメディアマー
 

 Amazonが開発者向けのソフトウエア開発キットをリリースすると発表した。英文の発表文はこちら。  また以下はCNETの記事から。  Amazonは米国時間1月21日、「Kindle Development Kit」を公開し、ソフトウェア開発者がKindle向けのアプリケーションを構築できるように、
 

 「日本のIT業界の希望の星はケータイの広告、マーケティングである。その領域は日本が世界の最先端を走っている」ー。これまでそう主張してきたんだが、どうやらGoogleは、その日本の得意分野に照準を定めたようだ。  Googleの会見に参加したGigaOmによると、Goolge幹部
 

 メディアの変革期なんで、いろんな人がいろんな定義でメディアの話をするので、まったく話が通じないことがよくある。以前、新聞関係者から「ヤフーのことは普通の日本語ではメディアとは呼ばない」と言われたこともあるぐらいだし。【関連記事】だからヤフーも報道機関に
 

 普通こうした話って新聞では「信頼できる情報筋によると」とか書くんだけど、今回の話は「あまり信頼できそうもない情報筋」による話。ひょっとして間違ってるかもしれませんので、そのつもりで。  Appleが27日に発表するとウワサされているタブレット型PCに対してニュー
 

 えっ、7割もくれるんすか!僕も電子書籍書きたいです!  普通著者印税って本の小売価格の1割が相場だと思う。それが7割ももらえるのなら電子書籍を書きたいという著者も増えるんじゃないかなあ。出版社を通さずにフリーの編集者に手伝ってもらって、編集者に2割払っ
 

米New York Timesが2011年から有料化に踏み切ると発表した。英語の発表文はこちら。  月ごとに無料で読めるオンライン記事の本数を設定し、それを超えると課金の画面が表示され、月額料金を支払うとその月はその後、無制限に読むことができるようになるという。何本まで無
 

 株式会社アクシオンのイベントのライトニングトークから「ウィキペディアに学ぶ情報編集術」福澤 俊さん  最近USのポッドキャストを聞いていたら、ウィキで書籍の原稿を書いているという人が「ウィキって共同作業に最適だよ」って話していた。確かにウィキペディアのあれ
『ウィキって情報の整理に便利かも』の画像
 

 株式会社アクシオン主催のイベントでの木浦幹雄さんのライトニングトーク「6hot専用webアクセス解析サービスの提案」から。  「6hot」ってどういう意味かなって思って木浦さんに聞いたら、本当は「6hit」って書くつもりだったんだけど、間違って「6hot」って書いたメー
『アクセスが全然ない人のためのアクセス解析サービス「6hit」、もしくは「6hot」』の画像
 

 米Boy Genius Reportが信頼できるApple関係筋からの情報として、iPhone OS 4.0の幾つかの特徴を報じている。 “A few new ways” to run applications in the background  このちょんちょんカッコの中が関係筋の言葉らしい。複数のアプリケーションをバックグラウンドで
 

 フランスのAFP通信によると、台湾のコンピュータメーカーAcerの創業者Stan Shih氏が「低価格パソコンのトレンドは続く。米国メーカーは低価格パソコン市場での戦い方を知らないので、20年もすれば米国コンピュータブランドは消滅するだろう」と語ったようだ。  IDCの調

↑このページのトップヘ