IMG_0060TheWave

   2歩先の未来を創る

TheWave イメージ画像
ビジネスマンのための「めちゃくちゃ分かりやすいAI講座」。6週間でエンジニアと議論できるまでを目指します。http://thewave.teamblog.jp/archives/1062406964.html

更新情報

 

定員に達しましたので、募集を打ち切りました 「ロボットと人工知能はいずれほとんどの物理的仕事をするようになる」。ロボット工学の世界的権威である大阪大学の石黒浩教授はそう予言する。 人類がそうした未来に進みつつあることは事実だとしても、短中期的に見ると人工
『人工知能をビジネスに活かす【26期塾生募集】満員御礼』の画像
 

TheWave代表である湯川鶴章さんが、「人工知能、ロボット、人の心」と題して電子書籍を発刊しました。発売日に合わせて講演会が開催されましたので、その模様をレポートします。 ■ 会場の様子 Niftyさんの大会議室をお借りして開催しました。70名を超える参加者にお集まりい
『電子書籍「人工知能、ロボット、人の心」出版記念講演会レポート【高野元】』の画像
 

電子書籍「人工知能、ロボット、人の心。」が発売になりました。2014年11月ごろからの取材メモやTheWave湯川塾の講義メモを集めた内容になっています。一番新しい情報は1月中旬に行った株式会社プリファードネットワークス西川徹氏のインタビュー。スマホ+クラウドの時代か
『電子書籍を3ヶ月限定で発売する理由』の画像
 

とにかく旬な情報を、ということで、今、大慌てで書いています。紙の本と違って電子書籍なので、価値が永続するコンテンツを目指していません。半年後には価値がなくなると思います。ということで3ヶ月の限定発売にしました。発売日は1/21(多分w)。注文予約もまもなく可能
 

 脳を模した人工知能の研究領域に研究者が集中し始めたことで、人工知能が急速に進化し始めている(関連記事「人工知能が急に進化し始めた」)。テクノロジーが急速に進化すると、テクノロジー業界の勢力図が塗り変わる可能性がある。スマホ+クラウドの次のパラダイムは、
『人工知能時代の覇権はオレたちが獲る 動き出した日本のプレイヤーたち』の画像
 

 人工知能。何十年も前からある言葉だ。国家プロジェクトとして研究されていた時期もあった。それでも完成しなかった。やはり人間の脳は複雑で、それをコンピューターで真似することなど不可能かもしれない。  「ところがブレークスルーが起こったんです」と東京大学の松
『人工知能が急に進化し始めた!』の画像
 

 ソフトバンクが発売を準備している感情認識パーソナルロボットpepper。「ソフトバンクは何を考えているんだろう。こんなの売れるわけないでしょ」「なんか顔がキモイんだよね」。周りからは批判的な声も聞こえてくるが、ソフトバンク関係者によると実は女性や高齢者の間で
『ソフトバンクのロボットpepperは本当に普及するの?いや、既に問い合わせが殺到してますけど』の画像
 

 人工知能の研究が始まって50年。人間の脳を模倣することは予想以上に困難だった。多くの研究者が諦めかけていたとき、「ブレークスルーが起こったんです」(東京大学松尾豊准教授)。同准教授は「大きな山は超えた。これより先に大きな山があるようには見えない」と言う。
『人工知能。50年来のブレークスルーが起こす急展開【25期生募集】』の画像
 

 人類の未来を形作るのが技術と心であるという思いから、最近米国で注目が集まっている「マインドフルネス」について調べている。仏教の「正念」という在り方を、一般大衆にも身近にしたマインドフルネスのプログラムにはいろいろな取組みがあるのだが、中でも米Google本社
『幸せ仕掛け人 清水ハン栄治さんと語るマインドフルネス』の画像
 

巨人の前を歩くな。ベンチャー企業の経営者の友人たちと、そういう話をよくする。Apple、Googleといった世界のIT大手が次にどの方向に進もうとしているのか。それを見極めないと、大手が同じ領域に進出してきた時点で、簡単につぶされてしまう。 巨人が来そうもない領域に進
 

身に付けるモノを含む、あらゆるモノがインターネットに接続される「IOT(Internet of Things、モノのインターネット)」の時代がもうそこまできている。パソコン全盛時代、スマートフォン全盛時代とは違った業界勢力図になることは間違いない。まだ予断を許さな状況だがこの
 

テクノロジー業界の覇権争いがインターネット空間からリアル空間に移行した。先行するのは米Apple。電子決済システムのApple Payが米国の銀行やクレジットカード会社から幅広い支持を受けているのに加え、リアル店舗内の位置情報を発信するiBeaconと呼ばれる仕組みも準備が進
 

新型iPadが10月21日に発表になるという憶測が飛び始めた。今回の発表では、市販の2モデルよりも大きいiPad Proとでも呼ぶべき製品が発表されるかどうかが注目されている。しかし個人的には大きさがどうであれ、電子決済機能「Apple Pay」のリーダー(データ読み取り)機能が
 

ロボットと人工知能が、大きく進化するフェーズに入った。 そう断言できるのは、3つの根拠があるからだ。 1つはデータ量が爆発的に増え始めたから。 データ量が多ければ多いほど、人工知能は「人間のような」働きが可能になる。「こういう場合に人間はどう受け答えする
『【24期塾生募集】人工知能、ロボット、人の心』の画像
 

人間はいつ、「生きてることがそれほど楽しくなくなった」て思うようになるんだろう。いつ「人生でやりたいことが分からない」って感じるようになるんだろう。 「あのね、今日ね、僕ね、幼稚園でね・・・」。息子たちがまだ幼稚園に通ってたころ、僕が帰宅すると彼らは我先
『「やりたいことが分からない」僕達はいつそんな大人になったんだろう』の画像

↑このページのトップヘ