IMG_0060TheWave

   2歩先の未来を創る

TheWave イメージ画像
ビジネスマンのための「めちゃくちゃ分かりやすいAI講座」。6週間でエンジニアと議論できるまでを目指します。http://thewave.teamblog.jp/archives/1062406964.html

更新情報

 

 ソフトバンクが発売を準備している感情認識パーソナルロボットpepper。「ソフトバンクは何を考えているんだろう。こんなの売れるわけないでしょ」「なんか顔がキモイんだよね」。周りからは批判的な声も聞こえてくるが、ソフトバンク関係者によると実は女性や高齢者の間で
『ソフトバンクのロボットpepperは本当に普及するの?いや、既に問い合わせが殺到してますけど』の画像
 

 人工知能の研究が始まって50年。人間の脳を模倣することは予想以上に困難だった。多くの研究者が諦めかけていたとき、「ブレークスルーが起こったんです」(東京大学松尾豊准教授)。同准教授は「大きな山は超えた。これより先に大きな山があるようには見えない」と言う。
『人工知能。50年来のブレークスルーが起こす急展開【25期生募集】』の画像
 

 人類の未来を形作るのが技術と心であるという思いから、最近米国で注目が集まっている「マインドフルネス」について調べている。仏教の「正念」という在り方を、一般大衆にも身近にしたマインドフルネスのプログラムにはいろいろな取組みがあるのだが、中でも米Google本社
『幸せ仕掛け人 清水ハン栄治さんと語るマインドフルネス』の画像
 

巨人の前を歩くな。ベンチャー企業の経営者の友人たちと、そういう話をよくする。Apple、Googleといった世界のIT大手が次にどの方向に進もうとしているのか。それを見極めないと、大手が同じ領域に進出してきた時点で、簡単につぶされてしまう。 巨人が来そうもない領域に進
 

身に付けるモノを含む、あらゆるモノがインターネットに接続される「IOT(Internet of Things、モノのインターネット)」の時代がもうそこまできている。パソコン全盛時代、スマートフォン全盛時代とは違った業界勢力図になることは間違いない。まだ予断を許さな状況だがこの
 

テクノロジー業界の覇権争いがインターネット空間からリアル空間に移行した。先行するのは米Apple。電子決済システムのApple Payが米国の銀行やクレジットカード会社から幅広い支持を受けているのに加え、リアル店舗内の位置情報を発信するiBeaconと呼ばれる仕組みも準備が進
 

新型iPadが10月21日に発表になるという憶測が飛び始めた。今回の発表では、市販の2モデルよりも大きいiPad Proとでも呼ぶべき製品が発表されるかどうかが注目されている。しかし個人的には大きさがどうであれ、電子決済機能「Apple Pay」のリーダー(データ読み取り)機能が
 

ロボットと人工知能が、大きく進化するフェーズに入った。 そう断言できるのは、3つの根拠があるからだ。 1つはデータ量が爆発的に増え始めたから。 データ量が多ければ多いほど、人工知能は「人間のような」働きが可能になる。「こういう場合に人間はどう受け答えする
『【24期塾生募集】人工知能、ロボット、人の心』の画像
 

人間はいつ、「生きてることがそれほど楽しくなくなった」て思うようになるんだろう。いつ「人生でやりたいことが分からない」って感じるようになるんだろう。 「あのね、今日ね、僕ね、幼稚園でね・・・」。息子たちがまだ幼稚園に通ってたころ、僕が帰宅すると彼らは我先
『「やりたいことが分からない」僕達はいつそんな大人になったんだろう』の画像
 

「マインドフルネスは今や、米国社会の主流になった」。米有力ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の創業者アリアナ・ハフィントン氏は、今年2月にシリコンバレーで開催されたカンファレンス「Wisdom 2.0」でそう宣言した。 マインドフルネスとは、禅の考え方や瞑想を
 

東京土曜塾は10/4からスタートしましたが、残席が3名あります。途中からの入塾も可能ですので、ぜひこちらのページから、申し込み、ご相談ください。 大阪塾も始まりました。大阪塾の途中入塾をご希望の方は、こちらのページにお申し込みください。 未来が見えた! IT記
 

マインドフルネスについて調べている。きっかけはGoogleが社内でマインドフルネスを使ったトレーニングプログラムを採用したところ、ものすごい人気となった、というニュース。 マインドフルネスとは、瞑想やヨガなどを通じて、心を穏やかにしたり、発想力を高める手法。も
 

人工知能の進化が加速し始めた。特に人工知能による自然言語の理解が進むもようで、カーネギーメロン大学のTome Michell氏はニューヨーク・タイムズの取材に対し「コンピューターはこれまで人間の言語をほとんど理解できなかったが、この10年でかなり理解できるようになるだ
 

▶ホリエモンの悪口でなくても出版できる時代に 「LINEする」と動詞になるほど、われわれの生活に浸透したメッセージアプリLINE。その開発元の株式会社LINEは今年秋に1兆円規模とも言われる大型上場を予定するなど、その成功が世間の注目を集めている。ところが、LINE株式
 

ほかの地図アプリがGoogleマップに、逆立ちしても勝てない機能がある。ストリートビューだ。行ったことがない場所の雰囲気など、写真から得られる情報の質と量は、テキスト情報のそれをはるかに上回る。そして写真がより最近のものだったり、リアルタイムの動画だったりすれ
『空からすべてお見通し 世界を変える人工衛星ビジネスにGoogleも参入【湯川鶴章】』の画像

↑このページのトップヘ