IMG_0060TheWave

   2歩先の未来を創る

TheWave イメージ画像
ビジネスマンのための「めちゃくちゃ分かりやすいAI講座」。6週間でエンジニアと議論できるまでを目指します。http://thewave.teamblog.jp/archives/1062406964.html

更新情報

 

「マインドフルネスは今や、米国社会の主流になった」。米有力ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の創業者アリアナ・ハフィントン氏は、今年2月にシリコンバレーで開催されたカンファレンス「Wisdom 2.0」でそう宣言した。 マインドフルネスとは、禅の考え方や瞑想を
 

東京土曜塾は10/4からスタートしましたが、残席が3名あります。途中からの入塾も可能ですので、ぜひこちらのページから、申し込み、ご相談ください。 大阪塾も始まりました。大阪塾の途中入塾をご希望の方は、こちらのページにお申し込みください。 未来が見えた! IT記
 

マインドフルネスについて調べている。きっかけはGoogleが社内でマインドフルネスを使ったトレーニングプログラムを採用したところ、ものすごい人気となった、というニュース。 マインドフルネスとは、瞑想やヨガなどを通じて、心を穏やかにしたり、発想力を高める手法。も
 

人工知能の進化が加速し始めた。特に人工知能による自然言語の理解が進むもようで、カーネギーメロン大学のTome Michell氏はニューヨーク・タイムズの取材に対し「コンピューターはこれまで人間の言語をほとんど理解できなかったが、この10年でかなり理解できるようになるだ
 

▶ホリエモンの悪口でなくても出版できる時代に 「LINEする」と動詞になるほど、われわれの生活に浸透したメッセージアプリLINE。その開発元の株式会社LINEは今年秋に1兆円規模とも言われる大型上場を予定するなど、その成功が世間の注目を集めている。ところが、LINE株式
 

ほかの地図アプリがGoogleマップに、逆立ちしても勝てない機能がある。ストリートビューだ。行ったことがない場所の雰囲気など、写真から得られる情報の質と量は、テキスト情報のそれをはるかに上回る。そして写真がより最近のものだったり、リアルタイムの動画だったりすれ
『空からすべてお見通し 世界を変える人工衛星ビジネスにGoogleも参入【湯川鶴章】』の画像
 

【写真 Vuzix社の光学式スマートグラスのコンセプトモデル。普通のメガネと変わらない形状の製品が年内に完成する見通し】 Google Glassに代表されるスマートグラス(メガネ型ウエアラブル機器)。果たして広く普及するのだろうか。「あんなの四六時中つけてられないよ」「
『スマートグラス 見た目は普通のメガネに 用途も拡大中【湯川鶴章】』の画像
 

【写真】TheWave湯川塾で講義する直感コンサルタントの坂本敬行氏 コンピューターに演算処理能力や記憶力で勝てるわけはなく、今後人工知能が進化すれば推測力でも勝てなくなる。そんな中で、唯一人間がコンピューターに勝ち続けることができる分野が「直感力」だ。直感力
 

The Wave塾の卒業生が集まる同窓会が開かれました。過去の卒業生は累計300名以上。今回は40名以上の方たちが集まり、湯川さんの講演からスタートして旧交を温めたり、新たな出会いがありました。その一端のレポートです。   ■湯川さん軽く飲んでから始めます。 The Wave塾
『The Wave塾同窓会レポート【菱木豊】』の画像
 

写真はTheWave湯川塾で講師をしていただいたときの二宮博志氏 プリンターの歯車などを作っている中堅メーカーの2代目社長が、超精密なお城の模型を開発し、このほどなんとか発売にこぎつけた。「小学校のときから、お城が大好きだったんです」。そう言うだけあって、細かな
『「好きなことを仕事に」は成立するのか 趣味のお城の模型を仕事にした二代目社長の苦悩と学び【湯川鶴章】』の画像
 

【京都大学で開催された超交流会の「ベンチャーやるなら企業向けでヨロ!」と題されたパネル討論会。左から本荘修二氏、湯川鶴章、石井昭紀氏、漆原茂氏。写真撮影=勝屋久氏】 ソーシャルほにゃららアプリで成功する時代は終わった。では今は何をすべきか。雇用慣行が異なる
 

スマートウォッチの市場が動き出した。Appleの「iWatch(仮)」も今秋には発表になるものとみられているし、Android Wear系のスマートウォッチも次々と発売されるだろう。マス市場にまで拡大するのかどうか、するとすればいつなのか。まだまだ不透明なことは多いが、この段階
『【TheWave湯川塾23期塾生募集】スマートウォッチは何を変えるのか アプリ、広告のチャンスと脅威を徹底議論 』の画像
 

スマートウォッチをめぐる米シリコンバレーの動きが活発になってきた。Googleは、先日米カリフォルニア州で開催した開発者会議Google I/Oで、Googleのウエアラブルコンピューター向け新OS「Android Wear」を搭載したスマートウォッチを発表。一方で米国のテック系メディアの
 

米Googleが開催した開発者向け年次総会「Google i/o」。今回はスマートグラス(メガネ型ウエアラブルコンピューター)Google Glassの話題はほとんどなく、代わりにスマートウォッチ(腕時計型ウエアラブル)の基本ソフト(OS)「Android Wear」に注目が集まった。競合Appleも
『スマートウォッチ時代のサービスはこうなる 守るべき4つのUXデザインのポイント【湯川鶴章】』の画像
 

【写真はイメージ。iWatchではありません】 いろいろなところから漏れてくる情報を総合すると、Appleが時計型ウエアラブルコンピューター「iWatch(仮)」を開発中であることはほぼ間違いなさそう。先日米カリフォルニア州で開催されたAppleの開発者向けイベントWWDCではiWa
『今秋にもウエアラブル時代到来!急いで新たなUXを作れ! WWDCから予測するiWatchの機能【湯川鶴章】』の画像

↑このページのトップヘ