日本の「かわいい」「オタク」文化が世界で人気なのは知っていた。J-Popも人気で世界中でJ-Popを真似るアーチストが登場しているし、きゃりーぱみゅぱみゅはその傾向を読み、まずは海外で知名度を上げてから次に日本マーケーットを攻めた。

 しかし評価されているのは、「かわいい」「オタク」「J-Pop」だけではなさそうだ。日本人のクリエイティビティ、精神性、文化全般において日本は評価・尊敬され始めた。(関連記事「人口激減しても日本語しゃべる人が増える未来 日本大好き外国人が増えている?」「日本は世界一クリエイティブ。日本人はそれに気づいていない?」「萌えだけじゃない。日本の精神文化にこそビジネスチャンスあり」

 恐らくこれは一過性のブームではない。過度の競争、行き過ぎた資本主義、柔軟性に欠ける科学合理主義など、近代と呼ばれる時代が最終局面に入り、あちらこちらできしみ始めたことへの反動なのだと思う。

 精神性を重んじる価値観は今後、拡大することはあっても縮小することはない。そんな潮流の中で、日本の文化や精神性に対する期待は大きい。

 逆に言えば、この大きな流れに沿ってビジネスを展開することこそが、世界が求めていることであり、日本にとって21世紀の最大のチャンスなのだと思う。

 文化的で精神性豊かな製品・サービスを求める世界の人々からは「日本の生産者との対話ができていない」という声が上がっている。どこに、どのようなニーズがあるのか。そのニーズに効率よく応えるにはどうすればいいのか。そういう領域こそ情報技術の貢献が求められる領域だろう。

 幸い日本政府もクールジャパンと題して、この領域に本腰を入れ始めた。政府の支援を得ようと得まいとこの領域には将来性があるとは思うが、どうせなら政府の支援も取り付けたい。税金の無駄使いをなくす有効な手段の1つは、本当に価値ある施策をもって補助金を獲得することだと思う。

 世界のニーズのつかみかた、ボランティアや政府の支援の獲得の仕方、そしてそうした動きの根底に流れる時代の変化を読み取ることが、今何よりも重要になってきているのだと思う。

 私が主宰する少人数制勉強会TheWave湯川塾では、9月開講予定の17期のテーマを「クールジャパンの本質をつかめ!事業推進者養成講座・インバウンド編」と題して行います。カリキュラムの策定を、一般社団法人元気ジャパンのナベケンこと渡邉賢一さんにお手伝いいただき、政府関係者、海外のプロデューサーを講師に呼び、在日外国人のグループインタビューを行いながら、日本のどこに可能性があるのかを突き詰め、ビジネスモデルにまで落としこみたいと考えています。

【概要・開催日時】現在交渉中。変更になる可能性があります。ご注意ください。

【開催日時】現在交渉中。変更になる可能性があります。ご注意ください。 9/2(月)午後7時30分〜9時30分 産官学民連携コンサルタント 渡邉賢一氏 9/9(月)午後7時30分〜9時30分 株式会社クリップ 島田昭彦氏 9/17(火)午後7時30分〜9時30分 政府クールジャパン事業関係者(交渉中) 9/24(火)午後7時30分〜9時30分 中間ワークショップ 9/30(月)午後7時30分〜9時30分 Discover Japan編集長 高橋俊宏氏 10/7(月)午後7時30分〜9時30分 最終討論会

【場所】渋谷のコワーキングスペース「co-ba」

【オンライン受講について】 東京近郊在住者でなくても受講できるように、テレビ会議システムを使ってリアルタイムでのオンライン受講の体制を取りたいと考えています。skypeなどの無料システムに比べて快適な受講が可能なのではないかと思います。 ただしネット回線の混雑状況など主催者側で制御できない問題もありますので、快適な受講環境を保証するものではありません。その旨ご了承の上、お申し込み頂けましたら幸いです。受信障害が発生したときのために、記録用音声データを復習用にお渡しする予定です。

【受講料】 15万7500円(税込) 個人として参加される場合は、3回、5回、15回の分割払いも可能です。ご相談ください。

【定員】 15名

定員になりしだい、募集を打ち切ります。お急ぎください。お申し込み、詳細はこちら

先日、渡邉賢一さんを招いて行った勉強会の様子を動画におさめています。塾の雰囲気を知りたい方は、以下の動画(10分程度)をご覧ください。