フリーランスでデータ分析業務の受注をしている井澤と申します。前職では、mobageを中心としたSNSプラットホームでソーシャルゲームを運営するgloopsにおいて、データマイニングを担当しておりました。今回、前職においてデータマイニングの採用担当として採用面接を実施している中で感じていることを書きたいと思います。

 

目的意識。自分は採用面接において、この部分を最も重視していました。データマイニングの分野はえてしてデータを分析すること自体が目的化してしまいがちで、データ分析を通じて何を達成したいのかを見失いがちになってしまう傾向があると思います。ソーシャルゲームの世界で話をするならば、データ分析を通じて「お客様によりおもしろい体験を提供する」ことにつながる何かを見出せるかが肝となります。

 

そのような取組み方ができるかどうかは、目的意識に起因すると考えています。特に、就職活動という場は「採用される」ことを目的に行動をする場なので、とてもわかりやすい。例えば、書類選考用の書類提出。企業に提出しなさいと言われたから書いて出しました、という行動をとっていませんか?書類選考に通過したいという意図を明確に表す書類を書けていますか?採用面接当日。面接官に自己紹介を求められたら、本当に自己紹介だけしてませんか?自己紹介を通じて、自分がどのように企業に貢献できるか、入社したいという意思をちゃんと表せていますか?

 

ゲームでもなんでもランキング一位経験者を採用したい

 

採用面接という目的が誰の目からも明確な場でこれができていない人は、企業活動の中でも目的意識が低いままに仕事をしてしまうことになるでしょう。少なくとも、自分はそのように判断して採用面接を行っていました。今回は就職活動を例にあげていますが、目的意識をしっかり持つことは社会の中で生きていくためには必要になってくることだと思います。

 

特に、ソーシャルゲームに限った話をするならば、自分はデータが語るユーザ心理を自らの体感を踏まえて解釈できる人と一緒に仕事がしたい。ランキングトップをめざして、このヤロー!!!と思いながら必死にプレイした経験がある方とか。ソーシャルゲームだけでなく、部活動や勉強とかでもいい。もっと強くなりたい、もっと上位に入りたい、そんな思いを個人もしくは仲間とともに体感し、その目的に向かってアクションをとった経験をしていることが、お客様に熱中していただけるゲーム作りに役立つと思います。面接時に「ランキング1位になったことあります!」とかってアピールすると、かなり好印象だと思いますよ。

 

「選ばれる」だけでなく自らが「選ぶ」であって欲しい

 

最後に、就職活動は「選ばれる場」ではなく「選ぶ場」でもあることを意識してください。仕事をする時間は人生の中で消費する時間の大半を占める要素になります。この時間をいかに充実して過ごすことができるかが、「幸せに生きる」ことにつながっていくと思います。なので、採用面接の場では、自分自身の熱量を伝えることもそうなのですが、会社から熱量を感じること、それが自分自身のやる気につながるかどうか、ここも重視すべきではないかと思います。せっかくだから、楽しく充実した気持ちで仕事したいじゃないですか。

 

自分は大学卒業後は文部科学省で国家公務員として勤務したのが社会人キャリアのスタートになっています。しかしながら、ノンキャリアで採用されているので、いくら頑張っても将来のキャリアアップにつながらない。キャリア採用されているメンバーが係長・課長補佐への昇格していく中で、自分自身は決まりきった範囲内でしか評価されない。ノンキャリアとして入社した段階で、既に負け戦にしかなっていなかったのですね。自分自身、もっとやれる自信はあったが、ノンキャリアのままでは何も変わらない。そんなやるせない日々を悶々と過ごしていました。結論は、ノンキャリアとして働き続けることが「幸せに生きる」につながらない。ここにたどりつくまでに6年かかりましたが、その時間こそが今の自分を形作っていると思います。そこからある事業会社の経営企画の仕事を経て、前職でのデータマイニングの仕事に行きつきました。

 

しかしながら、これまでの経験が無駄になっているとは思いません。国家公務員時代にロジカルに物事を考えるという考え方の基礎を学び、経営企画では経営のイロハ的な部分を学びました。この分野をバックグラウンドとして、今の自分が形成されているということは自信を持って言えます。その場その場において、物事に全力でぶつかり続けることが自分自身を成長させてくれる、ということは確実に言えると思います。

 

結果・成果を出すのが最高におもしろい

 

gloopsに入るまでは、データベース知識も無く、業務未経験での入社。入社当時はデータ分析の部署を新たに構築するということで、日々、試行錯誤を繰り返しながら仕事をしてきました。課題解決型データマイニングをめざし、お客様の行動履歴データから現在のお客様の心理に対して仮説を設定し、その心理に効果的な施策を展開していく。施策に対して、お客様はリアルタイムに答を返してくれるので、お客様に最高におもしろいと感じてもらえるように、チューニングを行っていく。やっぱり、仮説がはまって、おもしろいと感じてもらえていそうな結果がでているときが最高におもしろいですね。これは問題をロジカルに構造的にとらえて問題の本質部分に対していかにアプローチしていくか、がカギとなります。やはり、このあたりは過去の経験が活きてきた部分ですね。

 

このように仕事を進めていく中で、ソーシャルゲーム分野のデータマイニングに関して、外部から依頼講演を受けるようにもなりました。自分自身、多少は成長しているのかな、という実感はあります。しかしながら、まだまだ現状には満足していません。もっと上を目指して、自分自身を成長させていきたい。だからこそ、現状に甘んじることなく、もっと厳しい環境でデータマイニングに向き合えるように、フリーランスという形を選んだと言えるかもしれません。

 

やっぱり、仕事する時間が楽しい、充実していると思えることこそが「幸せに生きる」の大事なピースなのだと思います。(当然、幸せな家庭を持つことも大事なピースですね。)それが会社に属することなのか、自分自身が作り出すものなのか、何が正解になるかはわかりません。いずれにしても、皆様が本気で楽しいと思える、最高の環境を見出すことができるように頑張ってください。