米紙New York Timesは、Googleの幹部がAndroidのバージョン2.2からFlashをフルサポートすると明言したと報じた。AppleのiPhoneがFlashをサポートしないことから、Flash搭載はAndroidケータイの目玉機能の1つになりそうだ。



 同紙によると、Googleのエンジニアリング部門の幹部Andy Rubin氏は、AdobeのFlashをAndroidの次期バージョンであるFroyo(コード名)でフルサポートすることを約束したという。Adobe側もAndroidケータイがFlashをサポートするようになると以前から指摘しており、Flash対応はAndroidケータイのiPhoneとの差別化の大きな目玉になりそう。




 ただFroyoはバージョン2.2になり、今後発売になるAndroidケータイのOSのバージョンは2.1のものが中心。Flash対応のAndroidケータイの発売は、早くて今秋以降になりそう。



 現在市販されているAndroidケータイがOSを2.2にアップグレード可能なのかどうかは明らかになっていない。



【関連記事】

AdobeついにiPhone向けFlash開発中止=「宣戦布告受け入れた」【湯川】

iPhoneに載せないのならWindows PhoneにFlash載せます=Adobe開発者

剛腕Appleに悩まされるFlash、広告会社【今週のピックアップ】

堪忍袋の緒が切れた?AdobeがついにApple提訴へ=米ITWrold【湯川】

iPadにFlashなくても大丈夫=BrightcoveがHTML5ビデオで代替します【湯川】

米航空のサイトがFlash削除。恐るべしiPhoneの影響力

ジョブズ氏がFlashをこき下ろしたという情報再び

「AndroidでFlashサクサク動きます」=AdobeブログがAppleに皮肉?