こんなアプリをずっと待ち望んでいた。録音とノート取りが1つになったiPadアプリのAudioNoteだ。



 記事の中に取材先の生の言葉を引用したい。引用に最適の言葉がメモ帳に書いているのだが、本当にこれが正確な言い回しであったのか今ひとつ自信がない。カギカッコつきで引用するのだから正確な表現でなければならない。よくある話だ。



 一応取材のやり取りを録音してあるのだが、どの辺りで肝心の言葉が飛び出したのか分からない。急いでいるのにインタビュー音声を最初から聞き直さなければならない。時間のロスだ。メモ帳と録音テープが連動していて、特定のメモ部分をクリックすればそのメモを取ったときの音声の再生が始まればいいのに。これまでに何度もそう感じてきた。



 その機能をまさに実現しているのがiPadアプリのAudioNoteだ。






 アプリを立ち上げて録音ボタンを押して、あとはメモを取るだけ。メモと録音が勝手に同期される。取材後にメモの中で気になる部分をタップすると、そのメモを取ったときの音声が再生される。



 実は同じような機能を持つアプリケーションは過去にもあった。MicrosoftのOneNoteというアプリケーションだ。ただそのアプリを利用するためだけにWindowsのタブレットPCを購入する気にはなれなかった。



 それがiPadに同様のアプリが登場したので、大喜びというわけだ。



 AudioNoteはiPhone版アプリとしても存在していたようだが、このアプリはiPadでこそ生きるアプリだと思う。メモはやはりこれくらいの大きさが欲しい。またiPadだとハードキーボードが利用できるので、机のある場所での取材ならメモをさくさく取れる。



 メモと録音が同期するアプリはこのほかにSoundPaperというのもあるが、AudioNoteは手書き入力も可能だ。取材中にゆびでメモを取るというのもさまにならないので、導電性のペンを使えば、違和感がなくていいと思う。ただアマゾンでの評判を見ると決してよくないみたいだけど。リンク







 取ったメモはテキストファイルと音声ファイルとしてメールで送信できるし、同じ無線LAN上のパソコンに転送することも可能だ。「Share」ボタンを押し、「network」を選択すれば、簡単なURLが表示されるので、そのURLをパソコンのブラウザに入力すれば、音声ファイル、テキストファイルともにパソコンに取り込めるようになっている。



 取材だけでなく、授業や商談のメモ取りとしても使えるだろう。その場で簡単なメモをとっておき、あとで完璧なメモにすることが簡単にできるようになると思う。



AudioNote - Notepad and Voice Recorder App Storeで購入



【関連記事】

iPadでこそ画面分割アプリ=SplitScreenで擬似マルチタスク【湯川】