Twitterのタイムライン上で話題になっていたので確認したら、スマートフォンではない日本の一般的な携帯電話、いわゆるガラケー向けのFacebookのサイトにアクセスできた。(関連記事:最強エンジニアを東京に集結しモバイルから攻める=Facebookの日本戦略



 URLはhttp://m.facebook.com/home。



 ざっと見た感じiPhoneのFacebookアプリと同様の機能のようだが、ガラケーのサイトに見られるような動作のあるかわいらしいアイコンが表示されている。
 関係者に問い合わせたところ、「(ケータイ版サイトは)以前から存在していたが、積極的に誘導をかけ始めた」のだという。



 積極的に誘導をかけ始めたということは、勝負をかけてもいい段階に達したということだ。未来はモバイルにあり、ということでシリコンバレーの優秀な技術者を東京に集結させたというFacebookのモバイルサイト。今後どのような展開になるのか目が離せない。





【関連記事】

モバイルこそFacebookの未来=iPhone連携も「時間の問題」【湯川】

mixiはFacebookの「気がかりな競合」=The Facebook Effect【湯川】

世界のSNSを次々追い抜くFacebook【ループス斉藤】

Facebook5億人突破=で、いったいどんな会社【湯川】