[読了時間:2分]



19 日本が工業社会から情報社会へ脱皮し終えるころには「IT産業」や「ネット産業」という名称はなくなっているのではないかと思う。すべての産業の基盤がITになり、ネットになると思うからだ。



 そう考えると、もうそろそろ「IT産業」や「ネット産業」が小さな産業クラスターから飛び出し、他の業界と融合し始めてもいいのかもしれない。



 来年3月に米テキサス州オースティンで開催される音楽・映画・ハイテクのイベント「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)はまさにそうした融合の場所だと思うし、次回SXSWに日本からの参加者が多数参加し、受けた刺激を日本に持ち帰ることで日本国内の業界間の融合を加速する可能性があるのではないかと思っている。



 11月11日から13日まで福岡で開催されるテクノロジーとクリエイティブの融合のイベント「明星和楽」もSXSWに一部インスパイアされたイベントだと聞いているが、次回SXSWへの参加が、「明星和楽」や今後、日本各地で開催されるであろう同様のイベントをさらにパワーアップさせる結果になってくれればと考えている。



 そこで「1000人のサムライでSXSWに参加しよう」と呼びかける頓智ドットの井口尊仁さんや「48組のスタートアップをSXSWでデビューさせる」と目論むTechWave副編集長の増田真樹さんに加え、僕も機会があるごとに「SXSWへ一緒に行こうぜ」と呼びかけている。(関連記事 IT業界のサムライ1000人でテキサスSXSWを目指すことの意味 【井口尊仁】TechWave VANGUARD - 世界で戦えるスタートアップ育成プログラム【増田(@maskin)真樹】



 そうした呼びかけに応じ、何人かは既に参加の意思を固めてくれているのだが、中には海外旅行未経験者もいるし、英語に不安を持つ人もいる。



 そこで相互に支援できる場所をFacebook上に公開グループとして開設することにした。「1000人で行くSXSW2012展示者、参加者グループ





 


 相互FAQのような形で使っていただければと思う。またこのグループ上で知り合いを見つけ、ホテルの部屋をシェアする相談などしていただければと思う。米国のホテルは、部屋をシェアする人数ではなく、部屋単位で課金するのが一般的。シェアする人数が多いほど滞在費が格安になるわけだ。SXSW期間中はほとんどのホテルが満室になるので、SXSW事務局もできるだけ部屋を知人、友人とシェアするよう呼びかけているようだ。



 SXSWのテクノロジーのセッションの期間は来年3月9日から13日まで。テクノロジーセッションは「Interactive」と表現されている。Interactiveのチケットは11月11日までだと650ドル。翌日からは750ドルに値上げになる。年明けの1月13日には850ドル、直前には950ドルになる。チケット購入後に、SXSWのサイトを通じて提携ホテルの予約が可能になるもよう。提携ホテルからは会場までのシャトルバスが出るようだし、宿泊費も大幅に割引になると聞いている。SXSWのサイトを通じたホテルの予約がお勧め。



962ca986.png





 Interactiveのチケット(「Badge」と表現されています)購入はこちらから。



 「Add to Cart」というボタンをクリックすれば以下のページにジャンプするので、必要な情報を記入してチケットを購入していただきたい。



e468d071.png





 分からないことがあれば、「1000人で行くSXSW2012展示者、参加者グループ」http://www.facebook.com/groups/229825107081054/で質問してみてください。



 また何らかのサービスやアプリを世界に向けて発表したい人は「SXSW Interactive Awards」にぜひ挑戦してみてほしい。このページに英語で説明があります。締め切りは11月18日。登録料は30ドルと格安。まだ日本企業でノミネートされたことも優勝したこともないという。われこそはという方はぜひ!



 前回の優勝者、GroupMeは受賞後1ヶ月でSkypeに買収され巨額の富を手にしている。



 分からないことがあればSXSWのアジア事務局が日本語で対応してくれるそうだ。Contact Usのページはこちら。日本語で記載されているSXSWアジア事務局のページはこちら



 また11月10日に東京でキックオフパーティーを開催しますので、ぜひご参加ください。頓智ドットの井口さんなど、今年のSXSWに参加された方たちのお話やアジア事務局からの連絡事項などのプログラムを計画中。詳細・参加申込はこちらから。



 出展、一般参加とも早期に申し込んだほうが何かとお得。年明けにはホテルの予約が満室になり参加が困難になる可能性があるという。ぜひ11月11日までにお申し込みいただきたい。